読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

米ドラマ冬 2016 感想シリーズ:ニューオーリンズに行きたい

さて、続けてみている米ドラマ(カナダもあるけど)の感想リスト。

- メンタリスト シーズン6

ながく続いたレッドジョン探しは、このシーズンで終わり。それもシーズン最終話でなくて、途中で決着する。シリーズ後半は、カルフォルニアからテキサスに場所を移します。レッドジョンについては、ネタバレになるので、誰がとは書きませんが、レッドジョンはものすごくできるヤツ というのが、シリーズ全体の流れでしたが、正体はこれかよ。。というのが正直な感想。

流れで見たけれど、すでにシリーズは面白くなくなっているので、シリーズはシーズン7で終わり。シーズン7はすでに米では放送終了済。

- SCORPION/スコーピオン

実在のIQ197のコンピューターの天才 ウォルター・オブライエンをモデルにしたドラマ。天才集団が、米国土安全省から仕事を受けて活躍する話。ペイジ・ディニーンを演じるのは、アメリカン・アイドルで準優勝したキャサリン・マクフィー。アイドル歌手から女優へ上手く転身できた感じです。これは、佳作という感じで面白いです。超面白いわけではないけれど。
すでにシーズン2も放送されている途中。

こちらは、暗くもないしなので、軽く米ドラマをという人にはお勧め。

- NCIS: ニューオーリンズ

NCISシリーズの最新スピンアウトのニューオーリンズは、その名の通り、ニューオーリンズが舞台。LAは、ターゲットが20-30歳くらいだとすると、ニューオーリンズは、本家NCISと同じくらいのターゲットで、40-60歳くらいがターゲット。主人公も結構なお年です。

ニューオーリンズの特徴は、そういう意味では、本家からたくさんのゲスト出演が多いことです(ギブスだけでなく、ディノッソなどのレギュラー以外にも、FBI捜査官、海上保安な女性なども登場)。

始まったばかりのシリーズなので、NCISを知るにはいいでしょうか。 シーズン2も続いているので、しばらくは続きそうです。

これを見て思うのは、ジャズの街 ニューオーリンズに行きたいなということ。USにいたときに行けばよかったと。。

- エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY

現代のニューヨークを舞台に、シャーロック・ホームズが、ワトソン「女史」と難事件に挑む!というシリーズ。

シャーロック・ホームズを演じるのは、ジョニー・リー・ミラー。『トレインスポッティング』のシック・ボーイ役で有名。ジョン・ワトソンではなく、ジョーン・ワトソンを演じるのは、『チャーリーズ・エンジェル』シリーズで有名なルーシー・リュー。

これは、面白いです。シャーロック・ホームズは、すでに著作権が切れているので、いろいろなリメイクが作られています。有名なのはカンバーバッチのシャーロック。こちらのリメイク(リメイクというのかな)も、大ヒット。ジョニー・リー・ミラーが演じるホームズの変人ぶりが最高だし、演技も妙にかわいらしい。

かなりお勧めのシリーズです。

- NCIS:LA ~極秘潜入捜査班 シーズン6

かなり、安定したシリーズになったLA。すでにシーズン6。数シーズン前は、主人公が、ディークスみたいな構成になっていましたが、今回は、Gに主人公が戻った感じです。
さすがに少し飽きてきたところなので、米でも次のシーズンがあるかどうか分からない模様。シーズン6は、安定したおもしろさなんで、外れではないですが。

- ホームランド シーズン1〜4

これは、面白いです。

主人公はCIA対テロ局員のキャリー・マティソン。イラクで任務中に行方不明となった米海兵隊員ブロディは、無事救出され英雄として帰還していたけど、このブロディは、もしかして、スパイ??というは話が、シーズン1〜3。そして、新しいのがシーズン4から始まります。

個人的にいいなぁと思ったのがシーズン2から登場するCIAのピーター・クイン。やっぱり、人気があったようで、どんどんと役回りが重要になってきます。最初はいやなヤツです。

あとは、クリミナル・マインドのギデオン役だったマンディ・パティンキンによるソール・ベレンソンもいい。そして、難しい双極性障害のキャリーを演じるクレア・デインズはすごい。シーズン1の最後は、本当にすごい演技だった。

こちらは、MUSTでお勧め。

- ザ・フォロイング シーズン2

フットルースのケビンべーコンがライアン・ハーディ役で主演。大学教授で作家でもある殺人鬼 ジョー・キャロルを追ったのがシーズン1。シーズン2は、ジョー・キャロルにあこがれる新しい殺人鬼も登場するという展開。つまり、殺人鬼は2グループ。シーズン1は、ジェットコースターなクライムサスペンスでしたが、シーズン2は、ちょっとだるいところもありました。

シーズン2では、ライアンの姪として、マックス・ハーディが登場。個人的に、マックスいいです。やっぱり、だるいなと思っていたら、シーズン3で打ち切り。

- コンティニアム CPS特捜班 シーズン2

カナダのSFドラマ。

バンクーバーを舞台に、2077年での処刑を逃れて2012年にタイムトラベルしたテロリスト・グループと、それに巻き込まれてタイムトラベルすることになった警護官との対決を描く物語(Wikipediaから)。

キーラ・キャメロンを演じるのは、レイチェル・ニコルズ。クリミナル・マインド FBI行動分析課で、アシュレイ・シーヴァー役を演じいて、イイ役回りだったのに、いきなり次のシーズンで消えたのは、このシリーズへの主演のためだったはず。(クリミナル・マインドの方では、出演者が「シーヴァーは、XXへ配属になったわ」と台詞を言って、終わらされてしまった)。

レイチェル・ニコルズがいいので、お勧め。米ドラマばかり見ていると、サブの俳優が、どこかで見た人ばかりになるのですが、カナダのドラマなので、見たことない人ばかりで、新鮮。こちらは、人気シリーズとなって、シーズン4まで続いて、終了(内容的にシーズン10とか続ける内容ではない)。

こちらも、お勧め。


それにしても、AXNのサイトはリニューアルしてから使いにくくなった。これはあかんですね。。