読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

感想:『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』〜 無双ジャック再登場

アマゾンプライムデイは、あまりめぼしいものがなくて、悲しい状態でしたが、『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』が半額になっていたので、ポチりと。新作だとレンタルで借りてくるのを考えると、購入してもほとんど差がなくなりかけている値段になるですよね。

大ヒットシリーズの「24」の最新作ですが、さすがに米国でも息切れてしまって、シーズンが終了していました。映画化の噂は、ずっと出ていましたが、最終的には、12話シリーズとなりました。

24時間、24話で、24でしたが、今回は、12話ですよ! 12話! つまり、ジャックが、2倍速で動きます、しゃべります。

ブチ切れるスピードも2倍です。

今回の舞台は、ロンドン。前回のシリーズ最後に、ジャックは、国外逃亡するわけですが、そのジャックがロンドンにあらわれます。そして、それは米大統領が英国訪問中。
つまり、テロの恐れが? ということから始まります。そして、24でのテロと言えば、細菌テロ、原子爆弾テロなどが取り上げられていましたが、ここは、昨今話題の 無人爆撃機 ドローン です!

『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』で、いくらドローンが無人爆撃するといっても、以前のシーズンで、核爆弾を米国内で爆発させているので、それに比べればとは、思うのですが、そんなことを思い出したら、楽しめません

もちろん、シリーズ途中でのどんでん返しも、仕掛けられているので、その切り替わりもポイントです(ネタバレしないようにと。。。)。

結局、内容的には、いつものように、ジャックは、無双です。米大統領もコントロールです。なんでもできます。

12話だったということもあって、最後の方の24は、疲れてしまっていたのが、疲れずに一気に週末に見ることができました。以前のシーズンの流れだと、ジャックの元同僚クロエ(ゴスファッションに無理があるけど、苦笑。DVDのジャケットに描かれている格好です)、元恋人のオードリーの存在を思い出せば、大丈夫!

24を観ていると、いつも思うのは、米政府機関にスパイが入り込みすぎですね。テロ対策ユニットから、大統領府から、CIAからなんでも、かんでも。

なので、24からの教訓は、米国政府は、もっと、スパイ対策を!

特典ディスクでは、初期のレギュラー トニー・アルメイダのその後を描いたブリッジ・ストーリー「独房より」が収録されています。なんとなく、『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』の続きの前振りなのかな?という終わり方です。

ということで、いつもより、2倍速く動くジャックを楽しめるので、おすすめ。。