読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

2015年1月〜5月までの米TVドラマの雑感

2015年1月〜5月までの米TVドラマの雑感を羅列です。

TAXI ☆☆☆

映画TAXIのテレビ版。期待していなかったけど、意外におもしろい。暇つぶしにはいいレベル。主演は、カイラー・リー。でも、残念ながら、シーズン1で打ち切り。

ハンニバル ☆☆☆☆

あの「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターを描いたテレビシリーズのシーズン1。レクター博士は映画『007/カジノ・ロワイヤル』のマッツ・ミケルセン。FBI捜査官ウィル・グレアムがヒュー・ダンシー。暗いけれどこれはおもしろい。ヒュー・ダンシーがすばらしい。すでにシーズン2まで放送されていて、シーズン3も決定済みだったかなぁ。
(暗いので、途中で眠気が襲ってくるんですが。。)

アロー シーズン3 ☆☆

人気のコミックアローからのテレビドラマシリーズのシーズン3。始まって半分も立っていませんが、シーズン2までで終わってもよかったかなぁという感じです。

ブラックリスト シーズン2 ☆☆☆☆

「セックスと嘘とビデオテープ」のジェームズ・スペイダー主演。シーズン2。シーズン2の当初はもたついたけれど、徐々におもしろくなってきた。このシリーズはおすすめです。
主演のリジーとレイモンドとの関係も、徐々にわかるようなわからないようなで、一気に謎解きにはなっていません。

Empire ☆☆☆

アメリカのヒップホップビジネスの裏側を描いた今、全米で一番人気のアルドラマ。 コメディだったグリーを ドロドロの犯罪もありのドラマにした感じかな。音楽好きならおすすめ。

ブレイキング・バッド ☆☆☆

おそらく全米でこの数年で一番話題になったドラマの1つ。アルバカーキに住むさえない高校教師が、ガンとなり、家族に遺産を残そうと覚醒剤製造に手を出す話。少し重い話も多いので、すべての人にはお勧めしない(ぼくもちょっと苦手)。最終回はすごいです。5年をかけたシリーズの集大成にふさわしい。昔は、米国では、覚醒剤は受けないと聞いたことがあるのですが、かなり広まっているようですね。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班シーズン12 ☆☆☆

5年連続全米視聴率1位だったNCISシリーズ。出演者が年を取ってしまっているので、渡る世間は鬼ばかり状態にはなっています。5年連続1位だったころのシリーズはすべておすすめの☆☆☆☆☆です。全体的にレギュラー陣がかなり年をとってきているので、アクションシーンは、減っています。そういう人には、スピンアウトの、NCIS:LAがおすすめ。こちらは、みんな若いので、アクションシーンが多いです。

クリミナル・マインド シーズン6 ☆☆

スーパードラマTVだと放送が遅いけれど、WOWOWなどは、すでにシーズン9。 シーズン6はおもしろくなかったですね。でも、シーズン1から5まで外れなしでおもしろい☆☆☆☆☆です。

コンティニウム シーズン1 ☆☆☆☆

クリミナル・マインド シーズン6で準レギュラーだったアシュレイシーバーが主演のSF。 バンクーバーを舞台に、2077年での処刑を逃れて2012年にタイムトラベルしたテロリスト・グループと、それに巻き込まれてタイムトラベルすることになったとのアシュレイとの対決。これはシーズン4まで続いたヒット作。こちらはおすすめ。

パーソン・オブ・インタレスト シーズン4 ☆☆☆☆☆

ジム・カヴィーゼル主演。シーズン4は、敵方のAI (サマリタン)との戦いが佳境に近づく。特に11話 If-Then-Else は、すごく脚本。1話だけみれば、シーズン4までで一番おもしろいエピソードかもです。シーズンフィナーレも盛り上がって終わりました。どうも、放送は4大放送局ですが、独立系で作っているからとか、記事にありましたが、次のシーズン5で終了ようです。それも、シーズンを12話程度に押さえるとか。確かに、サマリタンとの戦いが終わってしまったら、少年ジャンプのマンガのように、永遠に続くようになってしますので、仕方がないかもしれないけど、フルシーズンの契約でもよかったと思う。視聴率もいいようなので。

6月からは、佳境の「メンタリスト」、「クロッシング・ライン」、「Hawaii Five-O」(たぶんもう見ない)、五月からスタートした「ゴッサム」、「スコーピオン」あたりかなと。