Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

技術書、ビジネス書、マニュアルやコンテンツマーケティングなことを書いてみて

Advent Calendar には絶対参加するものかと決めてから数年、とうとう参加することになりました(ウソです)。

さて、はじめてのAdvent Calendar参加は、「編集とライティングにまつわるアレコレ Advent Calendar 2017」 です。

adventar.org

参加している方々が、プロの編集者やライターの錚々たる面々。じゃ、ぼくはどうなのよということで、軽く自己紹介。

HP(ヒューレット・パッカード)でソフトウェアR&D→マーケティングになり、2011年に起業して、現在に至ります。

なぜこのAdvent Calendar に?となるとHP社内でも少し変わった職歴があるので。

HPで働き始めた当初は、開発仕事の他に、マニュアルの翻訳校正(翻訳は翻訳業者が実施)、マニュアルの執筆などをしていました(2年くらい)。そんなことをしていると、いろんなところから、技術書を翻訳しないか?というお誘いもあり、プレンティスホール(USでは名門です)、オライリーなどから翻訳書の出版。オリジナルではインターネットの入門書(そのときの編集者が、このAdvent Calendar を企画したモーリさん)を書きました。さらに、ひょんなことから、ビジネス書の翻訳(前FRB議長 バーナンキの講演録)にも関わり、自分自身の仕事のノウハウをまとめたビジネス書を出版。最近は、IT系のメディアにイベントレポートやインタビュー記事、IT企業のプロモーション記事などを書いています。

そんな感じなので、いろんな出版社や編集者の方々と仕事をしてきました。そこで、いくつか気になったところを取り上げてみます。特にオチがあるわけではありません。

社会人になった90年代のころ、DTPなどが一般に普及し始めたあたりの話から。

当時、HPでは、マニュアル制作には、HPtagというツールを使っていました。

TexユーザーグループにあるArthur Ogawaさんのインタビューに簡単な仕組みが記載されています。

Their SGML-based publishing system HPtag was much like the XML-based publishing systems of today, in use by, for example, the American Physical Society. In the case of HPtag, documents were first coded in SGML, validated, and then translated into TeX for typesetting by the macro package I wrote. HP product manuals of all kinds were produced using HPtag.

HPtagは、SGMLで最初に評価されてそのあと、Texを使って整形されるとあります。彼が話をしているように、HPでは、当時ほぼすべてのマニュアルにHPtagを利用しています。日本語版というか日本語を扱えるようにする開発は、当時の日本HPのエンジニアが渡米して実装しました(所属していた部署のお世話なった先輩)。最終ファイルは、HP製レーザージェットプリンター用(版下にそのまま利用される)に最適化され、そのまま印刷会社に受け渡し、紙に印刷されて出てくるという仕組みです。すべての作業がオンラインで完結するというプロセスが80年代末に完成していました(もちろん時代の流れともに、HPtagは商用のDTPツールへと移行していきます。そのあたりのツールの日本語化というかポーティングの仕事が決まりかけたこともあったのですが、その企業が買収されて、ぼくの仕事がなくなったなんてこともありました)。

この仕組みは、先輩が日本でのマニュアル制作などを行う集まりで何度も講演しているのを知っているので、日本では先端的だったようです。

個人的には、この時代に、一通りのテキスト作成(ゼロからの執筆、翻訳文の校正)、イラストなどの準備、レイアウトの実施から、印刷データの入稿まで実施していました。数十冊と作っていたので、頭の中が、タグだらけになり、プレーンテキストを読むと、自然にタグ付けしながら見てしまう状態(今でいうと、頭がMarkdownで構成されている)。

さて、商業出版の方はどうだったかです。出版社や編集者によってかなり違うやり方をやっていた気がします。

ビジネス書を書くようになったのは21世紀以降なので、技術書の領域になりますが。テキストの納品については、90年代初期は、プレーンテキストでの納品が多かったです。最初の頃は、必ずしもみんながPC持っていなかったこともあったのか、WORDを使っての執筆はしていませんでした。テキストの執筆は、回りを見るとエディターが中心だったと思います。僕はemacsを使って書いていましたが、先輩には、viを使っている人がいて、「すげー」と思ったものでした(viが苦手だったんです)。次に編集者とテキストファイルをやり取りをして、最終的に出版社がDTPに回して、レイアウトされたファイルを編集者が印刷して、昔は郵送されてきて、そこに赤入れをして戻すというプロセスでした。今は、PDFファイルが送付されてきて、PDFファイルのコメント機能を使ってコメントを入れて、フィードバックするというやり方が多いです。

なお、ひどい編集者は、日本語のチェックなしでスルー。DTPは読みにくいレイアウトになっていました。なので、こちらに届いてから、日本語の校正からレイアウトの修正指示をしたこともありました(どっちが編集者か分からない)。

ビジネス書については、WORDを使ってのファイルをやり取りすることが中心でした。

技術書と圧倒的に違う点は、編集者がすべてを書き直す勢いで、文章や構成を変えてしまうことでした。技術書の場合は、ほとんどの文章や構成に手を入れる編集者はいないと思います(いろんな出版社から20冊以上出しているのでたぶんそう。文章を読みやすくするなどはもちろん実施されます。ただ、ビジネス書は80%くらい書き換えるときもあるとか、文章を書き直されるのをいやがっていたらビジネス書は書けないとか、ある編集者は話をしていました)。あとすごく気になったのは、英数字を全角にすることです。こちらが半角(半角全角の定義もありますが)で書いても、戻ってくるのはすべて全角になっています。新聞社のサイトを見ると、URLなどが全部、全角英数字になっているのと同じです。これはものすごく違和感があります。自分の文章を修正されるよりもずっと。

で、最近流行のコンテンツマーケティング分野の話。

IT企業だけでなく多くの企業がコンテンツを自社のWebサイトに掲載して、プロモーションするのが一般的になっています。特に、2010年以降はやっていない大手の企業を探すのが難しい状況になっています。そのため、仕事柄、コンテンツマーケティング支援の一環で、IT企業のプロモーション記事の執筆することが多くなりました。多い月になると月にA4 数10ページくらい書いていたときもあって、ライターが本業か??というころもありましたが、最近はライティングの仕事量は絞っています。

そこで、積極的に使うようになったがGoogle ドキュメントなどのオンライン編集ツールの活用です。編集段階のコメントもどんどんと1つのドキュメントを共有した状態で手を入れていくというやり方です(昔から活躍しているIT企業は、まだまだWORDで履歴オンでファイルをやり取りしています。でもどれが最新ファイルか分からない)。印刷することが前提ではなく、レイアウトはテンプレート化されたHTMLファイルに投入するというプロセスです。弊社では、ぼくが文章を書き起こして、社員が校正や画像選定などをして、HTML化するという作業を繰り返しています。

Markdownなエディターで執筆するというのが、技術書の方向かなと思っていますが、コンテンツマーケティングを実施して行く上で、文章を大量に執筆していくには、関わる人が多くなりがちなこともありますが、参加者のリテラシーが違うということもあり、最後のオンラインドキュメントを直接修正していくやり方が中心になってくるんじゃないかと思っております。

最後に、自分としては、マニュアルを作る仕事は会社員時代に一番嫌いな仕事だったのですが、独立してから、そのころに習ったことでお金をもらっているということに、人生は先が読めないなとも感じています。

では、明日は、kmutoさんのエントリーになります。お楽しみに。

雑感:「ハウス・オブ・カード 野望の階段」シーズン5

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」シーズン5を時間がかかりながら、見終わり。

www.netflix.com

今年も、エミー賞では、「ドラマシリーズ」、「ドラマ女優賞」(ロビン・ライト)、「ドラマ男優賞」(ケヴィン・スペイシー) がノミネートされているように非常に評価の高いシリーズです。

シーズン3までは、原作(BBCのドラマ)をベースにしていますが、シーズン4、シーズン5は、オリジナルということになるようです。シーズン3までは、アンダーウッドが海千山千の権謀術数を駆使して、のし上がっていく話ですが、シーズン4、シーズン5は、危機の連発。

シーズン5では、前半が大統領選挙戦、後半が大統領政治スキャンダルが中核。これでもか、これでもか、危機が襲来します。あと、シーズン5では、新しく2名(男性、女性)の新しいキーキャラクターが登場します。1人は、選挙参謀やワシントンの政治家などを調整する人、もう1人は、外国とのコネクションや調整を含めて調整する人。あと、今シーズンは退場になったキャラクターも印象的でした。

あと、サスペンスというよりは、推理ドラマとしての印象が強かったなぁというが今シーズンの感想です。

では、なぜNetflixで公開されてからすぐに見終わることができなかったかというと、少し見ているのがつらくなったから。もう、ここまで来ると、いやな話ばっかりで(いろんな駆け引きをしているので、面倒なことがどう転んでもいっぱいでてくる)、見てるのがつらかったのです。ということもあり、個人的には、シーズン6でおわってもいいかなぁと。。

ただ、その中でも、アンダーウッド夫妻が、選挙の日にやっているという儀式(古い映画を見ながら、主演男優・女優になりきって、台詞を話すシーン)は、かなりかっこいいです。

映像としてのプロデューサーであるデイビッド・フィッシャー色は、かなり消えたなと思います(フィッシャーの次作は、World War Z 2ということで、ブラットピットと久しぶりのコンビですね。2人の出世作のファイトキングは名作)。シーズン1の最初は、フィッシャーが監督していて、音楽の使い方とか、ほんとにフィッシャーという感じでしたが、今はいろんな人が監督しています。その中で確実に監督しているのが、主演のロビンライト。ロビン・ライトショーン・ペンと結婚していたのかぁ。。ショーン・ペンは、マドンナの最初の夫で、超実力派の俳優)は、監督としての何本もこのシリーズを撮っています。このシリーズが終われば、映画も撮るんじゃないかぁと思っていたりします。ロビン・ライトは、フィッシャー監督好みのルックスなんですよね。ゴーンガールのロドモンド・パイクとよく似ている。

(それにしても、日本の字幕翻訳者は、テックカンパニーのことを、IT企業と字幕付けるのはやめてほしい。テックカンパニーは、テックカンパニーだから。。)


シーズン5から見る人はいないと思うので、シーズン1は本当に超面白いので、見ていない人はぜひ見てください。

「ヴァン・ヘルシング」:マッスルボディな日本刀を振りかざす女性が大活躍

超久々にアップデート。この1年は、Netflixにも入ったということで、海外ドラマをはじめ、いろんなコンテンツを見ています。

いくつかアトランダムに記憶のあるの感想

ヴァン・ヘルシング」:マッスルボディな日本刀を振りかざす女性が大活躍

Netflixオリジナルからでは、「ヴァン・ヘルシング」。ヴァン・ヘルシング とタイトルのついた映画、ドラマ、マンガはたくさんあります。ドラキュラ退治の専門家、吸血鬼ハンターの代名詞的な存在を表す言葉のようです。元々は、ドラキュラ退治する老学者の名前なのだそうとか。なお、平野耕太ヘルシングは、ヴァン がないタイトルです。

www.netflix.com

「昏睡状態に陥って3年。ヴァネッサが目覚めると、荒廃した世界には吸血鬼が台頭していた。彼女と恐いもの知らずの仲間の、人類存続をかけた戦いが始まる」ということになります。ヴァネッサですが、目覚めるまで少し時間があるので、最初から活躍するわけではなく、当初は、海兵隊アクセルが活躍(→カレはキーパーソン)。

荒廃した世界とは、ライジングといわれる吸血鬼が一気に世界を席巻したことをさします(たぶん。詳しい説明はされていない)。吸血鬼が人間を襲って、吸血鬼になり、ドミノ現象のように吸血鬼が支配していく3年間。その3年前に昏睡状態なって寝たきりなのがヴァネッサ。

ヴァネッサですが、ある「能力」があり、それを使って大活躍といったストーリーですかね。
主人公のヴァネッサ役は、ケリー・オーバートン。マッスルボディがかっこよすぎです。

人間でない生物が世界を席巻するドラマといえば、大ヒット作ウォーキング・デッド。こちらはゾンビが徘徊する世界。ヴァン・ヘルシングは、吸血鬼が支配する世界。ウォーキング・デッドは、シーズン2で見るのを止めてしまったので、今はどうなっているかは知らないけれど、大きな違いは、ヴァン・ヘルシングに出てくる吸血鬼は、言葉も話せば、ジェラシー、恋愛、組織、対立、裏切りなど普通にあることですね。人間とも普通に話しています。

シーズン1は、13話で終わりますが、シーズン2まで決まっていますので、シーズン1では一区切りな内容です。

24:レガシー:ワンパターンだけど、相変わらずの面白さ

今回は、ジャック・バウアーではなく、元 陸軍特殊部隊のエリート、エリック・カーター。カーター役は、新星のコーリー・ホーキン。なじみどころでは、元捜査官であるトニー・アルメイダも登場します。

tv.foxjapan.com

基本的には、本編と同じワンパターンです。「テロの気配」→「主人公が見つける または巻き込まれる」→「米政府高官や政治家がスパイ」→ 「1回目のテロは規模の大小はないが、テロ発生」→「最終テロを防ぐために、主人公がルールや法律を破って大活躍」。

24を見ると、あまりにも米政府や米政治家がスパイになりすぎ。。。

アイアン・フィスト:カンフーアクションヒーロー大活躍

今、Huluで、マーベル社の映画やドラマが特集されていますが、Netflix では、マーベル社のヒーロードラマが連作で製作されています。

第1弾が、「デア・デビル」、そのあと、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」と続いて、「アイアン・フィスト」となります。

www.netflix.com

はっきり言って、4つのシリーズが全部面白いことはなくて、 デア・デビル >> ルーク・ケイジアイアン・フィスト >>>>> ジェシカ・ジョーンズ です。

この4人が、チームとなりニューヨークを守る話が、ザ・ディフェンダーズで、この夏公開です。

www.netflix.com

感想:普通の人がやってもいい>『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』(久賀谷 亮 著)

『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』(久賀谷 亮 著) の感想。

このところ、個人的に、マインドフルネス周辺の勉強をしており(読書だけなく、瞑想会なども)ます。その中で、いくつか紹介できるといいなと感じた1冊がこちらです。(この書籍、かなり売れているそうですよーーー)


「脳疲労」がすぐ消えて、
頭が冴える。

イェール大で学び、
米国で18年診療してきた精神科医が明かす!
科学的に正しい「脳の休め方」とは?

著者の久賀谷先生は、日米で医師免許を持つ本当のお医者さんです。今は、LAで開業医として活躍されています。その前は、名門 イェール大学で研究されていたそうです。

本書の構成は、サマリとして、「休息法」を10ページ程度で紹介しています。時間のない方はこちらだけを読めばよいとなっておりますが、もちろん、ぼくがお勧めする読み方は、途中から始まる小説形式の「休息法」の紹介です。

昨今のマインドフルネスブームでは、かなり怪しいのもの多くあります。一つは、ネズミ講みたいな感じのもの(実績があるとは思えないマインドフルネスの資格あげますのようなもの)、あと一つとしては、怪しい宗教団体っぽいのがあります。

そのような中で、いい書籍を見つけるのはちょっと大変です。その中でお勧めするのが、この書籍です。

書籍タイトルに「マインドフルネス」とうたっていないことで、マインドフルネスだけでなくいろんな人に手に取りやすく、興味を持たれる人が多いかなと思います。(最近、世界のエリート本が多いのもあります)。

ぼくがこの本でいいと思ったことは2点です。

1つめが、主人公に当たる女性を通じて、「仏教や宗教に対して、一歩引いていることからくるマインドフルネスや瞑想に対する抵抗感」を扱っていることです。USではマインドフルネスを議論するときに、脱宗教的な説明がありますが、最終的には彼女の家(父が禅宗の僧侶)との和解的な話もあり、必要以上に宗教の話を遠ざけていません。

2つめが、やはり先生が研究者であったということもあり、いろいろな脳科学に対する新しい知見を紹介していることでしょう。例えば、「右脳・左脳論」は出てきません(右脳・左脳論は、すでに否定されています)。その中で、心に残った部分は、「脳は臓器」ということで、「脳という“臓器”に対して直接的な治療をする」という話と、心の治療には薬を与えすぎない治療が主流になってきているということでした。

最後に、瞑想する方法はくせをつけましょうねという話が書かれていますが、それだとすぐには実行できないという人向けには、アンガーマネジメントの方法も紹介されています。興味のある方は、以下の先生の最新インタビューをぜひご覧ください。

courrier.jp

感想っぽいもの:『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6』はすっきり!!

いきなりAmazonで配信が始まった『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6』を先々週の3連休にイッキ見。(Amazonビデオにログインしたら、いきなり画面にシーズン6が出てきて。検索しても、配信開始のニュースもなかったりと)


amzn.to

シーズン6「冬の狂乱」は、すでに原作を追い越しているので未発表になっている小説というか、原作者も制作には入っているので、今後おそらく発表されるストーリーがベースなのでしょう。

「冬がやってきた」

ということが一つの大きなことでしょう。これで、ホワイトウォーカーと死の軍団は、壁を越えて攻撃してくるというのが、今後のもう一つの柱となってくるでしょう。
あと、シーズン6では、いつもようなびっくりとした登場人物の死はなかったのですが、びっくりした復活はありました。デナーリスの通訳のミッサンディ(ナタリー・エマニュエル)がかわいいですよね。あと、スターク家のサンサ・アリア・ブランは、シーズン1から大きくなりすぎて、、特にブランは、、もう見違える状況で。。

シーズン5からの流れは

  • ラムジーから逃げ出したサンサとシオンは、森の中を必死に逃げるところからスタート。しかし、ラムジーの手のものが追いついてきてどうなるか?
  • ジョン・スノーは殺されたあとにどうなるか?
  • ブランは〈三つ目の鴉〉と共に幻視の中で過去を旅し、故郷ウィンターフェルを歩く。そこで若かりし日の父を見る。父のシーンは、シーズン7へのつながる大きなポイント。
  • ドラゴンに乗って遠くへと消えたデナーリスは、ドスラキ族の元に戻り、どうなるか?
  • サーセイは、前回のハイライトである七神正教に公の場ではずかしめられたあと、裁判を待っている。

シーズン6が終わって、かなり整理がついてきたというのが大きなところでしょう。ネタバレになりますが、

  1. ジョン・スノーを中心としたグループ
  2. デナーリスを中心にしたグループ
  3. ラニスター家を中心にしたグループ

に絞られたのではないでしょうか?

サーセイについては、今まで悪役でしたが、今回も悪役なのですが、最後はサーセイ推しでした。。すっきり!! あと、ラムジーについても、すっきり!!また、アリアもすっきり!!

シーズン7は、すでに原作もない状況ということか、10話でなく7話に減らしてのストーリーです。