読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

「ヴァン・ヘルシング」:マッスルボディな日本刀を振りかざす女性が大活躍

超久々にアップデート。この1年は、Netflixにも入ったということで、海外ドラマをはじめ、いろんなコンテンツを見ています。

いくつかアトランダムに記憶のあるの感想

ヴァン・ヘルシング」:マッスルボディな日本刀を振りかざす女性が大活躍

Netflixオリジナルからでは、「ヴァン・ヘルシング」。ヴァン・ヘルシング とタイトルのついた映画、ドラマ、マンガはたくさんあります。ドラキュラ退治の専門家、吸血鬼ハンターの代名詞的な存在を表す言葉のようです。元々は、ドラキュラ退治する老学者の名前なのだそうとか。なお、平野耕太ヘルシングは、ヴァン がないタイトルです。

www.netflix.com

「昏睡状態に陥って3年。ヴァネッサが目覚めると、荒廃した世界には吸血鬼が台頭していた。彼女と恐いもの知らずの仲間の、人類存続をかけた戦いが始まる」ということになります。ヴァネッサですが、目覚めるまで少し時間があるので、最初から活躍するわけではなく、当初は、海兵隊アクセルが活躍(→カレはキーパーソン)。

荒廃した世界とは、ライジングといわれる吸血鬼が一気に世界を席巻したことをさします(たぶん。詳しい説明はされていない)。吸血鬼が人間を襲って、吸血鬼になり、ドミノ現象のように吸血鬼が支配していく3年間。その3年前に昏睡状態なって寝たきりなのがヴァネッサ。

ヴァネッサですが、ある「能力」があり、それを使って大活躍といったストーリーですかね。
主人公のヴァネッサ役は、ケリー・オーバートン。マッスルボディがかっこよすぎです。

人間でない生物が世界を席巻するドラマといえば、大ヒット作ウォーキング・デッド。こちらはゾンビが徘徊する世界。ヴァン・ヘルシングは、吸血鬼が支配する世界。ウォーキング・デッドは、シーズン2で見るのを止めてしまったので、今はどうなっているかは知らないけれど、大きな違いは、ヴァン・ヘルシングに出てくる吸血鬼は、言葉も話せば、ジェラシー、恋愛、組織、対立、裏切りなど普通にあることですね。人間とも普通に話しています。

シーズン1は、13話で終わりますが、シーズン2まで決まっていますので、シーズン1では一区切りな内容です。

24:レガシー:ワンパターンだけど、相変わらずの面白さ

今回は、ジャック・バウアーではなく、元 陸軍特殊部隊のエリート、エリック・カーター。カーター役は、新星のコーリー・ホーキン。なじみどころでは、元捜査官であるトニー・アルメイダも登場します。

tv.foxjapan.com

基本的には、本編と同じワンパターンです。「テロの気配」→「主人公が見つける または巻き込まれる」→「米政府高官や政治家がスパイ」→ 「1回目のテロは規模の大小はないが、テロ発生」→「最終テロを防ぐために、主人公がルールや法律を破って大活躍」。

24を見ると、あまりにも米政府や米政治家がスパイになりすぎ。。。

アイアン・フィスト:カンフーアクションヒーロー大活躍

今、Huluで、マーベル社の映画やドラマが特集されていますが、Netflix では、マーベル社のヒーロードラマが連作で製作されています。

第1弾が、「デア・デビル」、そのあと、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」と続いて、「アイアン・フィスト」となります。

www.netflix.com

はっきり言って、4つのシリーズが全部面白いことはなくて、 デア・デビル >> ルーク・ケイジアイアン・フィスト >>>>> ジェシカ・ジョーンズ です。

この4人が、チームとなりニューヨークを守る話が、ザ・ディフェンダーズで、この夏公開です。

www.netflix.com

感想:普通の人がやってもいい>『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』(久賀谷 亮 著)

『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』(久賀谷 亮 著) の感想。

このところ、個人的に、マインドフルネス周辺の勉強をしており(読書だけなく、瞑想会なども)ます。その中で、いくつか紹介できるといいなと感じた1冊がこちらです。(この書籍、かなり売れているそうですよーーー)


「脳疲労」がすぐ消えて、
頭が冴える。

イェール大で学び、
米国で18年診療してきた精神科医が明かす!
科学的に正しい「脳の休め方」とは?

著者の久賀谷先生は、日米で医師免許を持つ本当のお医者さんです。今は、LAで開業医として活躍されています。その前は、名門 イェール大学で研究されていたそうです。

本書の構成は、サマリとして、「休息法」を10ページ程度で紹介しています。時間のない方はこちらだけを読めばよいとなっておりますが、もちろん、ぼくがお勧めする読み方は、途中から始まる小説形式の「休息法」の紹介です。

昨今のマインドフルネスブームでは、かなり怪しいのもの多くあります。一つは、ネズミ講みたいな感じのもの(実績があるとは思えないマインドフルネスの資格あげますのようなもの)、あと一つとしては、怪しい宗教団体っぽいのがあります。

そのような中で、いい書籍を見つけるのはちょっと大変です。その中でお勧めするのが、この書籍です。

書籍タイトルに「マインドフルネス」とうたっていないことで、マインドフルネスだけでなくいろんな人に手に取りやすく、興味を持たれる人が多いかなと思います。(最近、世界のエリート本が多いのもあります)。

ぼくがこの本でいいと思ったことは2点です。

1つめが、主人公に当たる女性を通じて、「仏教や宗教に対して、一歩引いていることからくるマインドフルネスや瞑想に対する抵抗感」を扱っていることです。USではマインドフルネスを議論するときに、脱宗教的な説明がありますが、最終的には彼女の家(父が禅宗の僧侶)との和解的な話もあり、必要以上に宗教の話を遠ざけていません。

2つめが、やはり先生が研究者であったということもあり、いろいろな脳科学に対する新しい知見を紹介していることでしょう。例えば、「右脳・左脳論」は出てきません(右脳・左脳論は、すでに否定されています)。その中で、心に残った部分は、「脳は臓器」ということで、「脳という“臓器”に対して直接的な治療をする」という話と、心の治療には薬を与えすぎない治療が主流になってきているということでした。

最後に、瞑想する方法はくせをつけましょうねという話が書かれていますが、それだとすぐには実行できないという人向けには、アンガーマネジメントの方法も紹介されています。興味のある方は、以下の先生の最新インタビューをぜひご覧ください。

courrier.jp

感想っぽいもの:『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6』はすっきり!!

いきなりAmazonで配信が始まった『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン6』を先々週の3連休にイッキ見。(Amazonビデオにログインしたら、いきなり画面にシーズン6が出てきて。検索しても、配信開始のニュースもなかったりと)


amzn.to

シーズン6「冬の狂乱」は、すでに原作を追い越しているので未発表になっている小説というか、原作者も制作には入っているので、今後おそらく発表されるストーリーがベースなのでしょう。

「冬がやってきた」

ということが一つの大きなことでしょう。これで、ホワイトウォーカーと死の軍団は、壁を越えて攻撃してくるというのが、今後のもう一つの柱となってくるでしょう。
あと、シーズン6では、いつもようなびっくりとした登場人物の死はなかったのですが、びっくりした復活はありました。デナーリスの通訳のミッサンディ(ナタリー・エマニュエル)がかわいいですよね。あと、スターク家のサンサ・アリア・ブランは、シーズン1から大きくなりすぎて、、特にブランは、、もう見違える状況で。。

シーズン5からの流れは

  • ラムジーから逃げ出したサンサとシオンは、森の中を必死に逃げるところからスタート。しかし、ラムジーの手のものが追いついてきてどうなるか?
  • ジョン・スノーは殺されたあとにどうなるか?
  • ブランは〈三つ目の鴉〉と共に幻視の中で過去を旅し、故郷ウィンターフェルを歩く。そこで若かりし日の父を見る。父のシーンは、シーズン7へのつながる大きなポイント。
  • ドラゴンに乗って遠くへと消えたデナーリスは、ドスラキ族の元に戻り、どうなるか?
  • サーセイは、前回のハイライトである七神正教に公の場ではずかしめられたあと、裁判を待っている。

シーズン6が終わって、かなり整理がついてきたというのが大きなところでしょう。ネタバレになりますが、

  1. ジョン・スノーを中心としたグループ
  2. デナーリスを中心にしたグループ
  3. ラニスター家を中心にしたグループ

に絞られたのではないでしょうか?

サーセイについては、今まで悪役でしたが、今回も悪役なのですが、最後はサーセイ推しでした。。すっきり!! あと、ラムジーについても、すっきり!!また、アリアもすっきり!!

シーズン7は、すでに原作もない状況ということか、10話でなく7話に減らしてのストーリーです。

『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』:全10話なのに最終話は第9話とはなぜ?

『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』を週末にイッキ見。
www.usanetwork.com

昨年、AXNで放送されたエミー賞(米国のテレビドラマに与えられる賞。映画のアカデミー、音楽のグラミーみたいなもの)で、『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』がかなりでていたので興味がありました。

日本ではAmazonの動画配信サービス「プライム・ビデオ」にて独占配信。「プライム・ビデオ」で、今日時点で何を見ればいいかと聞かれれば、『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』と答えても問題がないくらいです(他にもいいのはあるのですけど)。

実は、本編を見るまで、本当のロボットドラマ(主人公がちょっと変わっているルックスだったし)だと誤解しておりました。

企画・プロディーサーは、Sam Esmail。彼は、エジプト系アメリカ人。そして、主演のラミ・マレックも、エジプト系アメリカ人。

ラミ・マレックは、TVドラマ『ザ・パシフィック』で死んだ日本兵から金歯を盗んでいたりしていたとても変なヤツだったメリエル・シェルトン伍長が記憶にあります(シェルトンは最後まで登場してとても印象的なキャラです)。この役もそうだったのですが、マレックのしゃべり方はとても変わっています。

セキュリティ会社(Allsecurity)に勤めるセキュリティエンジニアであるエリオット・オルダーソンのしゃべり方は、エンジニアにありがちというか、抑揚の大きくない話し方をします。このあたりのキャラクターデザインを含めて、コンピューターエンジニア、Linux/UNIX/インターネット文化をものすごく取り入れたストーリーです。

例えば、シーズン1は全10話です。しかし、エピソードは eps1.9 で終わります。つまり、シーズン1の9話。これは、最初のエピソードが 「0」 から始まるためです。コンピュータ言語C などでは、数字の最初は1ではなく、0 から始まります。そういうこともあり、数字を 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9 と数えることがよくあります。そういうこともあり、エピソード数も、0 からカウントされます。

他にも、各エピソードのタイトルは、 eps1.0_hellofriend.mov というように、 タイトル+拡張子 です。さらに、タイトルの命名法もこっています。第4話「デーモン」は、 eps1.3_da3m0ns.mp4 です。 daemons を、e を 3に、 o をゼロ(0) にしています。daemon/デーモンとは、LinuxやUNIXで常駐してサービスを提供するプロセスです。こういったことにも細かくネタを仕込んできます。

さらに、ドラマに登場するコンピュータ画面(キーポイントになっています)でも、次のような出力がそのままでてきます。

  • ssh ログイン画面
  • ls -l の表示画面
  • 起動しているプロセス確認

また、シーズン1の単著となる E-Corpに対するサイバー攻撃では、「DoS攻撃」という説明して、特にDoS攻撃の説明は実施されません。

『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』は、このように日本のテレビドラマだと削ってしまうところが、きちっと表現されています。細かいながらも重要なコンピューターに強いという主人公の特徴や関係者が何をやろうとしているかということに対して、リアリティを与えます。そして、一般のUS視聴者のとっては、「よく分からない」ことですが、それは「分からない」ことをやっているということを印象づけます。

さて、ストーリー展開は、10話までずっと見ると「おお!」と思うこと間違いありません。前半の数話は、「なんか、モヤモヤするなぁ」と思っていたことが、後半の数話で「あー、という理由だからか」ということが腑に落ちます。

アマゾンプライムでは、シーズン2が4話まで配信されています。本国ではシーズン3まで決定しました。個人的には、シーズン3かシーズン4で終わった方がまとまりもよくていいと思います。

あとは、映画「ファイトクラブ」を思い出したりしますので、興味ある人は、ファイトクラブもお勧めです。

感想:『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』(井上智洋 著)

『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』(井上智洋 著) を読みました。

会社で機械学習を使った製品をリリースしたこともあり、また、大学の卒論のテーマが「ニューラルネットワーク」ということもありなどで、人工知能関係の書籍や記事を読むことが多いのですが、その中でとても面白かった一冊です。ただし、1点よくわからなかったことがありましたが、それは後半に書きます。

井上先生は、現在、駒澤大学経済学部専任講師。博士(経済学)。昨年、とあるイベントで同席させていただき、知己を得ることになったこともあり、本書のその流れで購入しました。彼は元Java研修講師 (書籍『新しいJavaの教科書』などを執筆) であり、その後マクロ経済学者として転身をしたという、ぼくが知る限り、彼しかいないキャリアになっています。

本書についての概要をアマゾンから引用すると以下になります。

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)

「AIが発達すると、2030年以降には人口の1割しか働かない世界が有り得る――!?」 そんなショッキングな推計をするのが、経済学から見た人工知能研究の第一人者・井上智洋氏です。失業した人類はAIに働いてもらって遊んで暮せるのでしょうか? はたまた、一部の富める人と貧しい労働者との格差が広がる悪夢が訪れるのでしょうか? 今後の経済の未来について、技術の紹介から経済の分析まで、優しい語り口でお答えします。


人工知能のテクノロジーの変化として、2つの切り口を出しています。一つは、ある作業に特化した人工知能技術 (分かりやすい例では、碁を行うAlphaGOなど)と、汎用的に人間が行うことをいろいろとで行える汎用型人工知能に分けて議論を進めます。前者は、雇用という観点から見ると、AIで仕事がなくなるとというほどの大きな影響はないだろうとしつつ、汎用型人工知能が立ち上がると、雇用が一気になくなっていくと論じます。ざっくりと1割くらいの人以外は働かない状況だということだそうです。

そして、特化型人工知能→汎用型人工知能への変化は、2030年に設定していることもあり、書籍のタイトル「2030年雇用大崩壊」につながります。

さて、本書のキーワードの一つに「技術的失業(technological unemployment)」があります。技術的失業とは、人間が創出する技術的なイノベーションによってもたらされる失業を意味します。例えば、自動改札機が普及したおかげで、改札で切符を切る駅員さんはいなくなりましたし、パソコンが1人1台の環境となったために、キーパンチャーといわれる職はほぼなくなっています。

しかし、技術的失業があったからといって、別の新しい仕事が生まれたり、あるいは以前からある仕事でももっと需要が大きいと業種があったりしますので、必ずしも、技術的失業が生まれることが、失業者が増大していくという訳ではいままでありませんでした(例えば、30年ほど前までは、ウェブデザイナーなどは、ほとんど存在しない職種だったりします)。

しかし、汎用型人工知能が立ち上がるにつれて、「1割しか仕事につけない」という予測を立てています。その1割の仕事とは、マネジメント・クリエイティブ系の職業と、対人サービスの職業としています。

そのような状況下において、対策は、ベーシック・インカム(BI)だと主張します( BIと最初に見たときに、AIとBIが並ぶと、業界的には、Business Intelligenceだと思ったのですが、そちらではなかった)。BIとは、配布条件なし(しがらみや査定などなしに一律ですべての国民に現金を配る)に現金を配る再分配政策です。それをモデルを使いつつ示しています。

ここで、彼のキャリアである、元々ITエンジニアであったことと、今、経済学者であることが融合することなります。

さて、何が疑問だったかというと、「1割しか仕事につけない」として、あとの9割が何をしているかが、現地点のぼくの想像力ではわからないのです。9割の人がふらふらと無職でいる状況で、1割の人が働き続けるという未来図です。おそらくそういう状況だと、キャリアクライシスになった中高年の男性が、メンタル不調になって、BIでお金をもらったとしても、あまりいい社会環境が見えません。

BIで最低限の生活がおくれるとして、そういう未来図はどういったものになるでしょうか?

最後に、人工知能本は昨今はやりですので、いろいろな本を読みたいと思うひとも多いかと思います。その1冊として手に取ってみることをお勧めします。