読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

感想:(ネタバレなし)ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5

『ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5』 を観たので、感想を。


ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 コンプリート・セット(5枚組) [Blu-ray]

(今や、シーズン1は、ブルーレイでも2,782円!)

といっても、いつものようにネタバレなし(かすかにありますが、ストーリー的には大きく分からないように書いています)です。

シーズン5は、シーズン4よりも個人的には面白くなかったかなぁといいたい気持ちが、前半続きました。いつも、前半はトロロロと進むことも多い
のですが、今回は特にそう感じたのでした。あと、いつものシーズンだとピークになる話が1つくらい
感じるのですが、今回の後半3話は、すごい濃密であり、かつ、衝撃的な終わりを見せて、かなりびっくりです。
そのため、シーズン全体で観ると、感想が難しいです。

前回のシーズン4の感想でも書いていますが、「主人公」だと思われている、または思っていた人が、いきなり死ぬ死ぬ。。今回もそうでした。
そのため、普通のハリウッド映画のように、危機になったも、主人公は絶対に助かるんだなんて、思ってみていると、ものすごく裏切られます。

あと、このシリーズは、ずっと、「やたらといやなヤツ」がでてきます。性格悪い、変質的。。。

とてつもなく憎くていやな役柄のサーセイ・ラニスター(レナ・ヘディ)は、今回は、いつもにもまして、いやな女性です。ジョフリー・バラシオン(ジャック・グリーソン)が、いやなやつNo.1でしたが、これでいやなやつNo.1になったと思いましたが、実は上には上がいました。

このシリーズは、いくつもの主要人物を軸としたストーリーが展開されています。しかし、必ずしも、彼らが交わることはなかったりすることも多いのです。個人的に気になるのが、ティリオン・ラニスター、デナーリス・ターガリエン、ジョン・スノウを軸としたストーリーです。
今回は、とうとうそのティリオンとそのデナーリスが交わったのがポイントでしょうか。

ティリオン・ラニスターを演じる(小人症という設定)ピーター・ディンクレイジは、いつも上手くてすばらしいです。

今回のデナーリス・ターガリエンのベストシーンは、ある人が女王であるデナーリスのために闘うといって戻ってきたときの彼女の表情ですね。愛した女性が悪かったというか。意外だったシーンは、それまでデナーリスはヌードになっていたのに、今回からベットシーンではヌードシーンなし(あれ。。)

ジョン・スノウのストーリーは、いつも悲しく、なかなかハッピーにならないのが観ていてつらいですね。

シーズン5までで、原作の在庫は切れたそうなので、シーズン6以降は、原作者とTV制作チームが一緒になってストーリーを作っていくそうです。これだけ話が広がってしまったシリーズをどうやってまとめていくかが問われるでしょうね。