読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

感想:聞き出す力(吉田豪 著)ーもちろん、「聞く力」を意識しているよ

さて、年末読んだ本で、良かったもの感想。一冊目は、『聞き出す力』(吉田 豪 著)です。

最近は、TV出演も増えて、吉田豪さんも有名になってきましたね(とかきながら、情熱大陸以外に、豪さんがTV出ているのは見たことないかもですが。。昔、給与明細を見せるみたいな番組でみたことあるけど)

個人的には、「紙のプロレス」という雑誌があったときに、おもしろいインタビューが多いなぁと思っていたら、その後に、あれは、吉田豪さんがインタビューしていたということがわかったり。書評を連載していたと思ったら、いきなり終わって、あれ? と思ったりとか。そういうこともあって、TBSラジオ 「ストリーム」の『コラムの花道』で話を聞けるようになってうれしかった思い出があります。

本書は、単行本化を前提に「週刊漫画ゴラク」で連載中していたコラムをあつめたもので、巻末に、ベストセラー『聞く力』の阿川佐和子さんとの特別対談収録したもの。

一般的には、「プロインタビュアーによる、人から面白い話を引き出すテクニックを有名人をインタビューした経験からまとめたもの」ということになるのでしょうね。

確かに、王道はそういう読み方なんでしょうが、個人的に好きなのは、「ライターになるなら、編集者に土下座させてはいけません」という話を、ターザン山本氏に呼ばれたライター教室でする話。で、その編集者に土下座させたのは、ターザンとか。

今は亡き破壊王・橋本真也さんへの取材場所のエピソードなんかもおもしろくて。取材場所に指定された場所が、どうみても、ラブホ。そこで、1対1で取材。豪さん、襲われたどうしようとして、とった行動とか。

この手のネタがたくさんあって、個人的にはこういうこねたが好きです。

ビジネス書的にも、お客様などから話を聞き出すという観点での読み方もできますので、そういう読み方したい人にもおすすめです。