読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

感想みたいなもの: 実践 インハウス・リスティング広告

お手伝いしている企業さんの実際の活動内容は、オープンにできないことも多いので、いったい、あかいは何をしているのか? ということを聴かれることがよくあります。

最近、事業開発の一環として、ウェブマーケティング活動に力を入れています。今や、日本でもテレビに次ぐ、巨大な広告市場となっているインターネット広告です。昔ながらのバナー広告から、リスティング広告、動画広告等を含めて、いろいろな広告手法が開発されて、展開されています。

知っている人は知っているとおりで、リスティング広告を中心にしたネット広告は、かなりテクニカルなことから(インターネット技術を多用することや、業績の評価をかなり数字を元に実施する) 、今までのクリエイティブ作ります! 系の広告代理店業務以外のプレイヤーが参画しています。

弊社で受注した広告関係の仕事で、支援をもらっているのが、今回紹介するアタラ合同会社さんになります。
このアタラさんのCOOである岡田さんの新著が次の本です。

  • 実践 インハウス・リスティング広告 「丸投げ体質」から脱却するSEM成功の新条件

内容としては、リスティング広告の運用を代理店などに丸投げしないで、自社内で運用するのは、どうかというものです。当然、全部内製化する場合もあれば、一部を外部にアウトソーシングするケースも含めて、考慮されています。弊社が受託しているのは、一部外部にアウトソーシングされている業務を受けています。

ということもあり、本書をそのまま実践している企業様を支援している弊社が、その活動をさらにアタラさんに支援していただいているという構造です。まさに、リアルタイム! (といっても、B2Bマーケティングなので、活動がすぐに変わったり、すぐに受注になるといったB2Cマーケティングとは、違うので、それなりのスピード感です)

効果ですが、非常に出ています。本書でのキーワードになっている『運用』を、効果的に実施してことが本当に大切だと実感する日々です。特に、B2Cビジネスで、かなり高額な広告費用をネットに費やしている企業には、検討する本として、いいと思います。

B2Bについては、ホワイトペーパーダウンロードマーケティングが主流になってしまっていて(個人的には、あまりいい手法だと思わない)、リスティング広告に高額の費用をかける企業は多くはないと思います。しかし、逆に、今から適切なファンドを持ってきて、実施するには、いいと思っています(ということもあって、弊社も力を入れている)。

本書については、リスティング広告をまったく知らない人をターゲットにしているわけではないことは、手に取るとわかります。なので、リスティング広告については、最近はたくさんの本がでていることや、グーグルのウェブ情報含めて、非常に情報が出ているので、それらを読むのがお勧めです。