読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akai's Insight & Memo

かなり小さなマーケティング会社の社長のブログ。MKTインターナショナル株式会社 代表取締役社長 赤井 誠。http://www.mkt-i.jp id:mktredwell

TSUTAYA創業30年間のレンタル作品トップ10 ー映画

TBSラジオ『たまむすび』水曜日の「ピークを探せ」は、いろんなピークを探すコーナー。
5月1日(水)に放送回では、「レンタルビデオ・DVDのピーク」ということで、1983年のTSUTAYA創業以来30年間のレンタル作品の中から、「映画」のみを集計したトップ10が発表されていました。

1位 E.T. 2位 南極物語 3位 スター・ウォーズ ジェダイの復讐が並ぶ1983年の国内興業ランキングは、こちら (Wikipedia) に。

そのトップ10はというと、以下でした。

  • 10位「となりのトトロ」1988
  • 9位 「ショーシャンクの空に」1994
  • 8位「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」2006
  • 7位「マトリックス」1999
  • 6位 「千と千尋の神隠し」2001
  • 5位 「ロード・オブ・ザ・リング」2002
  • 4位「スパイダーマン」2002
  • 3位「アルマゲドン」1998
  • 2位「ハリー・ポッターと賢者の石」2001
  • 1位「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」2003

邦画は、ジブリのみ。公開年代では、80年代1本、90年代3本、00年代 6本でした。

あれーと思う人も多いと思います。ツタヤの方によれば、アルマゲドンがレンタルになり始めたころから、大量にショップへ在庫し始めたことから、1998年以降の作品が多くなっているそうです。いつからかわかりませんが、VHSからDVDへレンタルが移行していく過程で、そういうことがあったような気がします。
また、番組では語られていませんでしたが、元々、ツタヤ創業の地は、大阪府枚方市で、全国規模の店舗展開は、90年代以降。ということもあり、全国集計になっていったのは、90年代以降だと思います(ちなみに、今も本店登記は、大阪)。そういうこともあり、80年代から90年代前半のヒット作は多くなくて、90年代後半から00年代作品が多くなったということ。

トップ10を見ると、「ショーシャンクの空に」は、映画公開時はヒットしていませんでしたが、まさにレンタルで名画になった作品。同時期には、パルプフィクションもあったし、この時期は、結構映画見ていました。

個人的には、このトップ10のうち、「となりのトトロ」と「アルマゲドン」以外は、映画館かレンタルで見ています。この中で一本選べと言われれば、「マトリックス」かな。ロードオブザリングは、三部作トータルで楽しみたいので。

ちなみに、テレビドラマのトップ10は、「24」と「プリズン・ブレイク」だけだそうですw